So-net無料ブログ作成

100131 Blue Moon [◐ 夜景 ◑]


DSC_0956.jpg

ひと月のうちに満月が2回あるとき、この2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。
今月がそうでした。
(300ミリレンズの手持ち撮影なので、ブレは勘弁を)

ガスや塵などの影響によって、かなり稀でいつ起こるか分からないものの、月が青く見えることがあるとわかった。
しかし、青い月を見ることは大変難しく、そのことから、「極めて稀なこと」「決してあり得ないこと」
といった意味を指して使われる言葉となった。
そのことから、19世紀半ばに "once in a blue moon" (めったにない)という熟語が生まれた。
そういった意味を含めて、「特別なこと」を指す場合もある。



nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。